世界的評価高い 寺田心 2日に映画「ばあばは、だいじょうぶ」DVD発売

[ 2020年10月1日 10:00 ]

認知症となる“ばあば”を演じた冨士眞奈美(左)と孫役の寺田心
Photo By 提供写真

 人気子役の寺田心(12)女優の冨士眞奈美(82)が出演した18年公開の映画「ばあばは、だいじょうぶ」(監督ジャッキー・ウー)のDVDがあす2日に発売される。

 ミラノ国際映画祭で寺田が最優秀主演男優賞、ウー監督が最優秀監督賞をダブル受賞し、世界的評価も高い作品。認知症となった“ばあば”を冨士が演じ、ばあばの変化に葛藤しながらも寄りそう小学生の孫を寺田が演じた。

 17年に「児童ペン賞」で童話賞を受賞した同名の絵本が原作。ウー監督は前作の映画「キセキの葉書」(17年)でもマドリッド国際映画祭で最優秀外国映画監督賞と最優秀外国映画主演女優賞(鈴木紗理奈)をダブル受賞。「ばあば…」について「原作の主題を変えず、映画のサイズに広げる難しさと、前作が海外で評価されたので、この作品も、海外で評価してもらいたい。そんな思いの詰まった作品です。この映画の上映会で、ミラノで見たイタリア人の温かい涙が忘れられません」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月1日のニュース