TBS社長「半沢直樹」キーワードの裏話明かす 編成局長は続編に言及「考えていない」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSの定例会見が30日、東京・赤坂の同局で行われた。佐々木卓社長は大ヒットしたドラマ「半沢直樹」で物語全体のキーワードとなっていた「恩返し」の裏話を明かした。

 「当初は脚本に入っていなかった」と説明。第1話で香川照之(54)のアドリブで登場。その後にコロナ禍となり、制作陣は医療従事者へ感謝の気持ちを込めて台本に「恩返し」を加えたという。男の物語だが、女性の視聴者も多く、佐々木氏は個人的意見として「優しい気持ちを込めたセリフが響いたのでは」と分析。

 瀬戸口克陽編成局長は続編について「スタッフキャスト含め全力を出し尽くした。そういう意味では考えておりません」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月1日のニュース