薬丸裕英 伊勢谷友介被告の謝罪に理解も「本当に反省しているの?」

[ 2020年10月1日 13:00 ]

タレントの薬丸裕英
Photo By スポニチ

 タレントの薬丸裕英(54)が1日、フジテレビ「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に出演。大麻取締法違反(所持)罪で起訴され、9月30日に勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された俳優の伊勢谷友介被告(44)について「本当に反省しているの?」と疑問を投げかけた。

 伊勢谷被告は8日、自宅で乾燥大麻1袋(約7・8グラム)を所持した疑いで警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕された。25日には尿鑑定の結果、大麻の陽性反応が出たことが明らかに。捜査関係者によると、組対5課の取り調べに所持を認める一方、入手先は「黙秘する」としていた。

 伊勢谷被告は午後7時半すぎ、黒いスーツに黒いネクタイ姿で正面口に姿を見せ、集まった約200人の報道陣を見渡すと「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と4秒間、頭を下げた。「なぜ大麻に手を出したのか」「ファンにひと言」など質問が飛び交ったが、応じることなく、黒いワンボックスカーに乗り込んで署を後にした。

 薬丸は「本当に反省はしているんだろうなとは思う。きちっとして頭を下げて」と保釈時の謝罪については理解を示しつつも「ただ、入手ルートを黙秘してるって報道を耳にしちゃうと、本当に反省してるの?って思っちゃう」と首を傾げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月1日のニュース