岡田健史「お恥ずかしい」 「コロナ“うず”」読み間違いもネット反響「かわいい」

[ 2020年10月1日 12:07 ]

俳優の岡田健史
Photo By スポニチ

 俳優の岡田健史(21)が1日、自身のインスタグラムを更新。コロナ禍を「コロナうず」と読んでしまったことに「お恥ずかしい」などとつづった。

 この日、岡田は日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)にゲストで生出演。自身が出演する映画「望み」(監督堤幸彦、9日公開)について見どころなどを紹介した。

 その中で「作っている最中は思わなかったんですけど、今はコロナ“うず”に巻き込まれている人類にとって心に響く作品となっています」と、コロナ禍(か)をコロナ渦(うず)と言い間違えるという、おちゃめな一幕が。

 その後、岡田はストーリーズ機能で「コロナ禍でした。未熟者でお恥ずかしい限りです。勉強になりました」とつづった。

 この一連の流れにネット上では反響。「彼の素直でまっすぐな所、好感もてました」「笑った」「かわいいなー」「さらに好感度が上がりましたw」と、純粋な岡田を絶賛する声が多く上がり、ツイッター上では「コロナうず」「岡田健史」がトレンド入りした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月1日のニュース