藤田ニコル 自身プロデュースブランド「NiCORON」に区切り「次のステップに進みたい」

[ 2020年9月17日 12:16 ]

モデルでタレントの藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(22)が16日、自身のツイッターを更新し、自身がプロデュースするアパレルブランド「NiCORON」について「区切りを付けて、次のステップに進みたい」と明かした。

 ニコルは「2018年にNiCORONをスタートして『10代のうちにブランドを立ち上げる』という夢を叶えることができました」と自身が19歳の時に立ち上げたブランドへの思いをつづり、「それから約2年半、等身大のブランドとしてスタートしたNiCORONも自分が歳を重ねると共に大人っぽく変化をしてきました。NiCORONでやりたいなと思っていたことはこの2年半で比較的全部できてきたのかと思っています」と続けた。

 さらに「もちろん今後もブランドのお仕事をずっと続けていきたいなと思っています!そこで悩んだ結果、10代の私が等身大として思い描いたブランド『NiCORON』に区切りを付けて、次のステップに進みたいなと思います」と決意を記した。

 「今の私が思い描く、今の私の等身大のファッションを新しい形でお見せできればと。そのために今色々と準備をしているので、それまで楽しみに待ってもらえると嬉しいです!」とニコル。「NiCORONもすぐに終わるわけではないのでそれまでは今まで通りみんなに愛してもらいたいなと思います」とし、「急なお知らせでビックリさせてしまったら申し訳ないです」とファンへの謝罪で締めくくった。

 藤田は2018年2月にSHIBUYA109に自身のブランド「NiCORON」の1号店をオープンさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月17日のニュース