山里亮太は「実力以上に自分をすごく見せようとする」 教習所の適性検査結果で“赤っ恥”

[ 2020年9月17日 18:42 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太(43)が16日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。自動車教習所で赤面したエピソードを語った。

 自動車免許取得を目指して教習所へ通っている山里は、安全運転に適しているかなどを診断する「適性検査」の結果を受け取りに行ったと告白。「俺のことを指導する上での、大事な解説」が記載されていたと説明し、「一番気になったのは『あなたは自分の実力以上に自分をすごく見せようとする傾向がある人です』って書いてあって…」とぶっちゃけた。

 その文言を指導員が見て参考とするため「照れちゃう」「恥ずかしい」と感じたそう。今週始まった実技教習では、早速その分析通りの結果になってしまったという。

 そつなく運転をこなし、指導員から「いい曲がり方ですね」などと褒められた。終盤に差し掛かり「次、まっすぐ行って右行こうか」と指示されると、無意識のうちに「OK!分かった」と返答してしまった。その際の指導員の心境について、山里は「自分の力以上に大きく見せようというのはこういうことか」だったと、バツが悪そうに推測した。

 その後、リスナーから届いたメールでも「ボス(山里)、毎週実力以上のラジオお疲れ様です」と早速イジられ、「言ってくれたな、適性検査で出てきたからな」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月17日のニュース