上地雄輔 IKKOからの達筆すぎて「俺の名前以外はほぼ読めない手紙」披露

[ 2020年9月17日 22:58 ]

上地雄輔
Photo By スポニチ

 タレントで歌手の上地雄輔(41)が17日、自身のインスタグラムを更新し、レギュラー出演しているTBS「この差って何ですか?」(火曜・後7時)の収録で楽屋に美容家でタレントのIKKO(58)からの差し入れと一緒に届けられた手紙を披露した。

 上地は「気付いて駐車場までダッシュしても間に合わなかった」とつづり、ハッシュタグを付けて、出演者の皆の楽屋に届いていたことを説明。「#いつもすんません #素敵な贈り物 #想いのこもった」としながらも、あまりの達筆さに「#俺の名前以外はほぼ #読めない手紙」「#ありがとうございます #どーか俺の想い届きますよーに」と続けた。

 フォロワーも、あまりの達筆さに「これが芸能人の方がたまにテレビで話されている手紙ですね~ めちゃくちゃ達筆!」「確かに雄ちゃんの名前しか読めん」「IKKOさん どんだけ~ 優しくて気遣いできるの?」と驚きながらも、“解読”結果をコメントしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月17日のニュース