LiLiCo、コロナ感染防止で「純烈」小田井とキス自粛中 解禁は「紅白決まったら」

[ 2020年9月17日 18:38 ]

「大腸劣化」対策委員会のオンラインセミナーに出席したLiLiCo
Photo By スポニチ

 タレントのLiLiCo(49)が17日、都内で行われた「大腸劣化」対策委員会のオンラインセミナーにゲストとして出席。新型コロナウイルス感染防止のため、夫で歌謡グループ「純烈」の小田井涼平(49)と現在「キス禁止」であることを明かした。

 新型コロナについては「私、結構厳しい」というLiLiCoは、「こういう職業なので色んな方に会う。手洗った?とか、ちゃんとマスクしていた?とか聞く。昼間、主人はどう過ごしているのが見えないので」と家庭内でも注意喚起を積極的に行っている。キス禁止は「コロナで騒がしくなった3月くらいから」で、約半年継続中。「2人が健康でいることが大事。1人が倒れたら2人とも倒れてしまうのですごく気を付けている」としながらも、キス解禁は「念願の大きな番組、紅白(歌合戦)的なものが決まったら」といい、「純烈」のNHK紅白歌合戦の3年連続出場を願った。

 先月11日に声帯手術を受けたことをブログで発表後、雨で滑って転倒して膝蓋(しつがい)骨を骨折。13日に下半身麻酔で手術を受け、17日に退院。その後行われたイベントには松葉杖姿で登場しており、この日も両手で松葉杖を支えながらゆっくりと登壇し、囲み取材はいすに着席したまま対応した。けがをするまで「手術や病院と何の縁もなかった。年齢の割に若いって思っていた」が、「それでも雨の日は滑るんですね。ショックでした」と苦笑い。現在の状態は「声帯は93%(回復)。膝は完全に正座ができるまで10カ月かかる」といい、「トム・クルーズも撮影中に骨折して6週間で復帰した。私の中にもトム・クルーズがいる、負けないぞ」と早期回復を宣言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月17日のニュース