ヒロミ「成田空港着いて…」フジテレビ出入り禁止の真相告白

[ 2020年9月17日 22:13 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が17日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・00)に出演。フジテレビ出入り禁止の“真相”を語った。

 21歳となる年にデビット伊東(54)、ミスターちん(56)とともにコントグループ「B21スペシャル」を結成。鳴り物入りで芸能界に入ると、瞬く間にブレーク。お茶の間の人気者になった。

 だが、24歳のころレギュラー出演していた「オールナイトフジ」の正月スペシャルで事件は起きてしまう。

 年末からニューヨークを旅行していて、正月の生放送のために帰国する予定だったが、ヒロミは「B21スペシャルは3人いるから1人いなくても大丈夫」と生放送を無断欠席。

 「B21スペシャルは3人じゃん。デビ(ット伊東)が遅刻するとか、そういうのはよくあったの。俺は意外と遅刻とかなくて、デビがいないとか(ミスター)ちんさんがいないとかあったの。その時は“いいよ、いいよ”って言われていたわけ。だから“あっ、そうなんだ。3人組って1人いなくても大丈夫なんだ”って思っていたんだけど、成田空港着いて連絡とったら“フジテレビ出禁になっています”って」と衝撃告白。

 MCの坂上忍(53)が「えー!?」と驚くと、「当時のプロデューサーが“てめぇ、なめてんのか!この野郎!今から坊主にしてこい!”って」とプロデューサーを激怒させてしまい、「マネジャーと俺が坊主にして、謝りに行った」と頭を丸刈りにして謝罪したという。

 当時の事務所社長も激怒しているかと思いきや、「その時の社長が帰りがけに“ヒロミ。出入り禁止だからまたニューヨーク行けるな”って(笑)」と遣り取りを明かし、坂上を笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月17日のニュース