流れ星・瀧上、新型コロナ感染の相方・ちゅうえいは「過剰に防止に努めていました」

[ 2020年8月8日 21:34 ]

「流れ星」の瀧上伸一郎
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎(41)が8日、ブログを更新。この日、新型コロナウイルス感染が判明した相方・ちゅうえい(42)について、「それやり方合ってんの?とこちらが思う位に過剰に新型コロナ防止に努めていました」などと明かした。

 瀧上は「ちゅうえいが新型コロナに」とのタイトルで記事を新規投稿。感染を報告するとともに「ちゅうえいは店に入る時に必ず手をアルコール消毒をし、さらに顔にも化粧水のようにアルコールを塗りたくるという、それやり方合ってんの?とこちらが思う位に過剰に新型コロナ防止に努めていました」と伝えた。

 相方は出来うる限りの感染防止対策をとっていたが、「それだけ気をつけても感染する、本当に身近にある病気なんだと思いました」と心境。自身は「特に体調に変化はない」としながらも、「念のため本日PCR検査を受けてきました」という。

 明日9日の深夜に結果が判明するそうで、「結果出るまでは自宅の自分の部屋に引きこもります。また結果出次第報告します」と記し、「くれぐれも皆さんも新型コロナお気をつけ下さい」と呼びかけた。

 事務所によると、ちゅうえいは5日夜に発熱したため、6日に病院の指導のもとPCR検査を受けたところ、この日陽性であることが判明した。現状について「現在本人は自宅待機し、保健所の指示を待っいる状態であり、味覚異常や体調を崩す症状は出ておらず7日以降は平熱の状態です」と説明している。「流れ星」のマネジャーもPCR検査の結果待ちという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月8日のニュース