浅田真央 ひかれる男性のタイプを小籔千豊に告白 共通点“座長”について相談も

[ 2020年8月8日 07:00 ]

関西テレビ「こやぶるSPORTS」で対談する浅田真央(右)とMCの小籔千豊
Photo By 提供写真

 プロフィギュアスケーター浅田真央(29)が、8日に放送される関西テレビ「こやぶるSPORTS」(土曜後5・00、関西ローカル)にVTRで登場し、MC・小籔千豊(46)との、対談が実現する。他の出演にアシスタント・本田望結(16)。

 対談開始前に、「共通点がある」とスタッフから聞かされていた小籔は「ほぼないですね。まったく別の種類の人間」と恐縮。浅田が登場して「小籔さんも吉本新喜劇で座長をされている。私もアイスショーで座長をしています」と共通点を明かした。

 浅田は3年前に現役を引退。自身が座長を務める「浅田真央サンクスツアー」で全国を駆け回っている。小籔から現役時代と現在での考え方の違いを問われ「全く違いますね。選手の時は、自分ひとりの闘争心、勝負という感じでずっとやってきた。今はどれだけお客さんに楽しんでもらえるかがまず第一」。さらに、小籔から座長としての仕事を聞かれ、「最初は大変でした」と今だから言えるプレッシャーや葛藤を告白。「恥ずかしくて放送してもらいたくない」という、舞台裏に密着した秘蔵映像も公開される。

 そんな浅田から、小籔に真剣な悩み相談。「小籔さんならではの『座長』として決めているルールはありますか?」という質問に、吉本新喜劇に真摯に向き合う小籔が真面目に答えた。他にも、自身がひかれる男性のタイプや今後の目標についても赤裸々に語る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月8日のニュース