「世界猫の日」で新ユーチューブチャンネル始動 猫×アニメ×快眠音楽

[ 2020年8月8日 08:32 ]

配信を開始した「Nekocha the sleepy cat」の動画
Photo By 提供写真

 リラクゼーションミュージックを主に扱う音楽レーベル「Holos Music」がユーチューブに新チャンネル「Nekocha the sleepy cat」を開設し、8日から配信を開始した。

 「Nekocha the sleepy cat」には、猫がモチーフのオリジナルキャラクター「Nekocha(ネコチャ)」が登場。都会から離れて暮らす飼い主の女の子との生活をアニメで描き、リラクゼーションミュージックをのせて世界へ24時間生配信していく。

 BGMは快眠、安眠を提供するために作られた「スリープミュージック」で、チャンネルのコンセプトは「Nekochaはあなたが眠りにつくまで音楽を流し続けます…」。この日は「世界猫の日」に当たり、未明から始動した。今後は登録者数に応じて、新しい仲間の猫や、新アニメを披露しながら「癒しコンテンツ」を増やしていくという。

 Holos Musicは、「グレゴリオ聖歌」などにも用いられる「ソルフェジオ周波数」、快適性に関係があるとされる「1/fゆらぎ」、自然音などを取り入れた音楽を主に扱うレーベル。二胡やピアノの各楽曲、テクノ、ダンスミュージック、エレクトロニクスサウンド、ヒーリングなど様々なジャンルの作品を今年1月から配信している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月8日のニュース