金慶珠氏 東国原英夫との再共演に「良かった、このパネルあって」コロナ対策のアクリル板押さえ

[ 2020年8月8日 14:34 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(62)と東海大教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏が8日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で再共演した。

 他局の情報番組で日韓関係について議論した際、発言中に割り込まれそうになった東国原が「黙ってろ、お前は!黙っとけ!しゃべりすぎだよ、お前!」と金氏に声を荒らげた経緯がある。

 この日は席が隣り同士となり、金氏は「良かった、このパネルあって」と漏らし、間におかれた新型コロナウイルス感染対策のアクリルボードを押さえた。

 その後、東国原が騒動を振り返り、「去年からずっとけんかしてたの。あれを週刊誌に書かれて、本当は仲が良いと書かれた…本当に仲良くないから」と強調。「本当は付き合っている、と書かれた。ただ1回ちょっと、ご飯食べに行ったんだよな」と明かすと、金氏は「付き合っているのはウソだけど、東さんは私のこと好き」とジョークで返答。東国原は「お前がそういうこと言うから!言うから!!」と机を叩いた。

 和やかなやりとりもあった。番組の調査で、関西人のおばちゃんたちには気が強いイメージがあると指摘された金氏は、否定しながら「私は本当に男性に尽くすタイプ。1回付き合うと長い。よっぽどのことがないと心変わりしたり、相手をあきらめたりはしない」と一途な恋愛観を披露。

 しかし、東国原から「旦那さんのお父さん、お母さんに対して(与える印象)はどう?」と問われると口ごもってしまい、「そこが重要なんだよ!」と突っ込まれる一幕も。

 金氏は「昔付き合ってた彼氏の母親に大反対されて別れたことがあります。“あんな気の強い女の子は!”と」と明かすと、さらに東国原は「(番組の調査は)合ってるんじゃない」と指摘して笑いを誘った。

 他局の情報番組では昨年8月、東国原が金氏に向かって「僕、あの人が来たらね、今日欠席してる。事前に言ってよ今度ね」と共演NGを要望。司会者が「穏やかにいきましょうね、穏やかに」となだめても、東国原は「僕、気に食わないんですよ、あの人」と譲らなかった。金氏が「私は東さんのことも大好きなんだけど…」と話しかけても東国原は「嫌いだよ、俺は!」と突き放した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月8日のニュース