岡村隆史 ラジオでの不適切発言を謝罪「深くお詫び 深く反省」

[ 2020年4月29日 13:41 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が29日、自身がパーソナリティーを務める23日深夜放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で発言した新型コロナウイルスの感染拡大と風俗店をめぐる“持論”について、吉本興業の公式サイトで謝罪コメントを発表した。

 岡村は「この度は4月23日(木)『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております」と謝罪した。

 また、吉本興業も岡村本人と面談したことを明かし、「新型コロナ禍で仕事に対する不安を覚えている方々に不快な思いをさせてしまう不適切な発言」とした上で「岡村自身発言を深く反省しております」と報告。「4月30日(木)の次回放送にて改めて本人より謝罪させていただく予定」としている。

 岡村は23日深夜の放送で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り「コロナが終息したら絶対面白いことがある」と発言。続けて「なかなかかわいい人が、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」「短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と、新型コロナの影響で収入が減った女性たちが終息後に風俗業に就く可能性があると話し、その後「女性蔑視」などと批判されていた。

 これを受け、ニッポン放送は27日、「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました。不快に感じられた皆さま、関係の皆さまにおわび申し上げます」と謝罪。この発言には、橋本聖子男女共同参画担当相も28日の会見で、個別のコメントは差し控えるとしつつも「そのような発言がなされないよう、女性の貧困対策にしっかり取り組まないといけない」と述べていた。

 以下、同社公式サイトに掲載された「ナインティナイン岡村隆史のラジオ出演時の発言について」全文。

ナインティナイン岡村隆史のラジオ出演時の発言について

吉本興業株式会社

4月23日(木)放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポンにおける発言につきまして報告いたします。

当社としても、現下の新型コロナ禍で仕事に対する不安を覚えている方々に不快な思いをさせてしまう不適切な発言と考えており、本人と面談致しましたが、岡村自身発言を深く反省しております。4月30日(木)の次回放送にて改めて本人より謝罪させていただく予定ですが、放送に先立ち本ウエブサイトにて以下のとおりコメントを掲載させていただきます。

この度は4月23日(木)「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております。

2020年4月29日 ナインティナイン 岡村隆史

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年4月29日のニュース