15歳&16歳の娘育てる石田ひかり「後悔がものすごくある」子育て論にネット共感の嵐

[ 2020年2月1日 22:51 ]

女優の石田ひかり
Photo By スポニチ

 女優の石田ひかり(47)が1日放送のフジテレビ「内村カレン相席どうですか」(土曜後9・00)に出演。子育てに関する後悔を語ると、ネット上から共感の声が相次いだ。

 石田は15歳と16歳の娘を育てる「ママ女優」として出演。4歳と1歳の子育てに奮闘中の女優の菅野美穂(42)から「子育てで“こうしておけばよかった”と思うことはありますか」と尋ねられると、先輩ママとして「私はガミガミ、本当に厳しく育てちゃったので、もっともっと伸び伸びさせてあげればよかったなって、後悔がものすごくある」と語った。

 石田は「きっと10歳くらいで早い子は反抗期が始まって、本当に10年しか『ママ、ママ』って言ってくれないんだって」と自身の経験を振り返り、「こんなに短い時間だったのなら、とことん付き合ってあげればよかったなって。『だっこ、だっこ』って言われれば、とことんしてあげたかった、『なんで、なんで』って言われたら、とことん答えてあげればよかったなって、全部過ぎてみて思う」としみじみ振り返った。

 この“子育ての後悔”に、ネット上では「石田ひかりの言葉が刺さった」「ウルウルしてしまいました」「言葉が突き刺さる」「育てでの後悔がグサグサと刺さりまくった」「本当に親に甘えてくれるのはほんの少しの間だよね」と共感する声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月1日のニュース