ナイナイ岡村、宮迫の再出発に苦言…蛍原も“タイミング”に最後まで反対していた

[ 2020年2月1日 05:31 ]

「雨上がり決死隊」の蛍原徹
Photo By スポニチ

 闇営業騒動による活動休止からユーチューバーとして再出発を果たした雨上がり決死隊の宮迫博之(49)に対し、盟友のナインティナイン岡村隆史(49)が苦言を呈した。

 30日深夜に自らのラジオ番組で言及。ユーチューブで宮迫が「相方の横に戻りたいです」と発言したことに反発。相方・蛍原徹(52)の名前を挙げ「ホトちゃんの意見をちゃんと聞かないとアカン。ユーチューブで言うのはボクは違うと思う」と疑問を投げかけた。コンビとしての復活にも触れ「道のりはちょっと長くなるかな。活動も大変になるんじゃないかなと正直思った」と心境を打ち明けた。

 スポニチ本紙の取材によると、蛍原と岡村らは、ロンドンブーツ1号2号田村亮(48)の復帰会見のタイミングに合わせて29日から宮迫が活動を再開することに最後まで反対。宮迫がタッグを組む人気ユーチューバーのヒカル(28)側の意向が強かったとみられるが、周囲では「見切り発車すぎた。今後にしこりが残ってしまう」と心配する声が上がっている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月1日のニュース