長嶋一茂 妻にわざわざ怒られる理由 高嶋ちさ子はバッサリ「面倒くさい」

[ 2019年12月14日 09:11 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 タレントの長嶋一茂(53)が13日、テレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜後7・00)に出演。“妻にわざわざ怒られる理由”を明かした。

 これまでに妻から叱られたことがあるかを問われた長嶋は「叱られない術を、俺までいくと分かっている」と自信満々で豪語。「ここまでいったら叱られる、という線引きができている。女房との距離感が」と説明。長年連れ添った経験で妻が“こう言ったら怒る”というのが分かるのだという。

 さらに、「俺って、怒られて育ってきたタイプの人間。先生やコーチ、監督から怒られて人生のリズムをとってきたところがある。怒られると安心している部分がある。期待されているんだな、と。だから、怒られていないと不安になる」と苦笑。「だから、たまにママ(妻)に怒られるようにしてる」とも明かした。

 この番組の収録の前日、長嶋は妻から鹿児島から来た友人とランチすると聞いていたが、その時間帯にわざと「今、どうしてる?」とLINEを送信。帰宅後、妻から「ランチって言ったじゃない!」と怒られると、長嶋は「ごめん、覚えてなかった」と謝ったのだという。「(妻に)絡みたいの。怒られたいの。わざとけしかけて、『ママ、ごめんね』って。それを年のうち3分の2ぐらいやってる」。意地の悪い笑顔を浮かべる長嶋に対し、バイオリニストの高嶋ちさ子(51)はあきれた表情で「めちゃ、面倒くさい」とバッサリ。しかし、長嶋は「今、俺オノロケで話してるのよ」とケロリ。高嶋が「ママに甘えてるんでしょ」とツッコむと「俺の中ではそんなに甘えてはいない。家庭の中では自立してると思ってるから」とまったく意に介さない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月14日のニュース