田中みな実、33歳の焦燥感「仕事では満たされない。人に尽くしちゃう気質は子供に向けたい」

[ 2019年12月14日 19:13 ]

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が14日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で現在の心境について本音で語った。

 ゲスト出演した作家の羽田圭介氏(34)から今後の目標について聞かれると、田中は「目標とか目的が一切ないんです。制作者が私をキャスティングしてくれたら、120%で応えたい。承認欲求なのかもしれません」と仕事についての持論を展開。

 田中はさらに「今、33歳になって目的を見失っていて、元々ないってことに気づいちゃった」とポツリ。「周りを見渡したときにみんな子育てしていたりとか、ライフステージが変わってしまっていて、急に焦燥感にかられちゃうみたいな…」と現在の心境を明かした。

 羽田氏が「焦燥感にかられるんですか!?でも、これからどんどん田中さんの仕事の地位とかも上がっていって、色んな仕事が入ってきたり…」とフォローすると「仕事では満たされないんです。もう満たされなくなってしまいました」と本音。「私、子供から必要とされたいんです」と仕事よりも家庭での安定を求めていることを明かした。

 「私はきっと誰かから必要とされたくって。だから男ができると、必要とされたいから頑張っちゃうんです。それを全て彼氏に向けてしまうと、結末は必ず不幸なの」と自身の性格について述べ、「子育てをすることで、空っぽな何かが…埋めるためのものではないけれど、何かが変わる気がする。人に尽くしちゃう気質は子供に向けたい」と家庭への憧憬の念を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月14日のニュース