高橋克典 「辰夫叔父」への想いをつづる「おふくろもちょっと前にいますから」

[ 2019年12月14日 15:50 ]

高橋克典
Photo By スポニチ

 俳優の高橋克典(54)が14日午後、自身のブログを更新。12日に慢性腎不全のため81歳で死去した俳優梅宮辰夫さんを偲んだ。

 10月12日に他界した高橋の母と梅宮さんがいとこという間柄。子供の頃から「辰夫叔父さん」として慕っていたという。また、自身の主演ドラマ「特命係長 只野仁」シリーズで03年から15年間共演もしていた。

 高橋は鮮やかな青空の写真とともに、タイトルを「いい天気」として、「こんな日に旅立つとは。辰夫叔父らしい」と記した。続けて「何という偶然、たまたま今日の撮影現場が、叔父のいた場所に近く、しかも只野を撮っていたチームで。昼休になるとプロデューサー、監督達と駆けつけ、なんとか車を見送ることができました」と、梅宮さんとゆかりのある仲間たちと見送ったことを報告した。

 続けて、「悲しい。けど、どうか安らかに。おふくろもちょっと前にいますから。ありがとうございました」と想いをつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月14日のニュース