松下洸平 「スカーレット」舞台でのトークショーに約600人「心から感謝です」

[ 2019年12月14日 21:05 ]

松下洸平公式インスタグラムkouheimatsushita_officialより
Photo By スポニチ

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)にレギュラー出演中の、俳優でシンガー・ソングライターの松下洸平(32)が14日夜、自身のインスタグラムを更新。同ドラマのトークイベントに出席した感想を明かした。

 松下は、主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の陶芸と人生に大きな影響を与える陶工・十代田(そよだ)八郎役に大抜擢され、好演している。

 両手にミニ火鉢を手にした写真とともに「滋賀県甲賀市でスカーレットのトークショー。大きな会場なので、人おらんかったらどないしよーと思っていたら、たっくさん居てくださって心から感謝です」と心情を吐露。トークショーに集まった約600人に感謝した。

 続けて、「信楽の窯元さんがちっちゃい火鉢を作ってプレゼントしてくださいました。これは嬉しみ」とつづった。

 この投稿にファンから「トークショーに行けました!素敵でした!」「八郎さんの優しい笑顔が大好きです」「月曜日からまた、スカーレット楽しみに頑張ります」「ミニ火鉢!可愛いですね」など、たくさんのコメント声が寄せられた。

 ◆松下洸平(まつした・こうへい)の1987年(昭62)3月6日生まれ、東京都出身の32歳。高校3年生の時、映画「天使にラブソングを2」に感動し、歌手になることを決心。音楽の専門学校に入学し、作詞・作曲をスタート。2008年に絵を描きながら自分の曲を歌うパフォーマンスを始め、同年11月にCDデビュー。翌09年からは俳優としても活動し、ミュージカル「GLORY DAYS」で初舞台。18年、舞台「母と暮せば」における演技により「平成30年度文化庁芸術祭」の演劇部門新人賞を受賞。今年、「母と暮せば」とミュージカル「スリル・ミー」における演技により「第26回読売演劇大賞」の優秀男優賞、顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞に輝き、若手実力派としてついに朝ドラ初登場を果たした。1メートル75、血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月14日のニュース