新木優子 飛躍の19年は「感謝の1年」 15日には26歳に「大人な一歩」

[ 2019年12月14日 11:37 ]

2nd写真集「honey」のお気に入りカットを紹介する新木優子
Photo By スポニチ

 女優の新木優子(25)が14日、都内で2nd写真集「honey」の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

 自身26歳の誕生日である15日に発売する同写真集は、イタリアを舞台に“恋人のような親密な距離感”をテーマに撮影。2017年に発売した1st写真集「ガールフレンド」では、みんなといる中での“気になる女友だちの距離感”がテーマだったが、今回は新木と2人っきりの時間が楽しめる作品となっているそうで「異性の方なら恋人、同性の方だったら親友という感じで、私が普段、近い人に見せるような表情というのをテーマに撮影させていただきました」と紹介。お気に入りには、温泉で撮影したという、顔がアップの写真を挙げ「前作の『ガールフレンド』とは違う象徴的なカットで、夕景の温泉でグッと大人っぽく撮影できたかなと思って、その中でもすごくお気に入りの1枚です」とアピールした。

 タイトルにちなみ、自身にとってのハニーは誰か聞かれると「やっぱり愛犬のルークがハニーかな」とはにかみ、さらに、愛犬と旅をするならどこに行きたいかについては「遊ぶのがすごく好きなので、走り回れるところがいいですね。海外に一緒に行けるんだったら、自然がたくさんなところで、のんびりゆっくりしつつ、じゃれて遊んだりできたらいいですね」と目を輝かせた。

 12日に最終回を迎えたフジテレビ系ドラマ「モトカレマニア」で地上波ゴールデンプライム初主演を務めたほか、モデル業やCM出演など大活躍の1年だった。そんな2019年を振り返っての感想を求められると「いろんなお仕事に挑戦させていただいたので不安もたくさんあったんですけど、今回の『honey』のテーマになっているような身近な親友や家族やスタッフの皆さんなど、周りの人に支えていただいて、不安も強みにしながら頑張れた1年だったので、感謝の1年だったかなと思います」とコメント。

 明日15日は26歳の誕生日を迎えるが、26歳の抱負を聞かれると「20代も後半になって、チャレンジできたことも増えてきたんですけど、女優だったらまだまだいろんな役に挑戦していきたいですし、モデルとしても磨いていきたい部分があります」といい、「20代後半は私にとっては大人な一歩なので、大人らしいポージングだったり、今までに挑戦できなかった役柄に挑戦できるような1年にしていきたいなと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月14日のニュース