志らく 韓国・文喜相議長の“提案”に「“もう1度お金をください”って頭を下げて来るならまだしも…」

[ 2019年11月6日 12:19 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が6日、MCを務めるTBSの新情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に生出演。韓国国会の文喜相議長が5日、早稲田大(東京都新宿区)で講演を行い、日本企業を相手にした韓国人元徴用工らの訴訟に絡み、日韓の企業と個人から寄付金を募り、原告の元徴用工らに賠償の代わりとして支給する法案の概要を明らかにしたことに言及した。

 志らくは「もうお金を払ったんだから、“もう1度お金をください”って頭を下げて来るならまだしも“お互いにもう1回出し合いましょうか”っていうと“冗談じゃない”って思う人がたくさんいる」と指摘。そして「でも、こういった時にずっと日本側に立っていると物事が分かんなくなるから、韓国側に立ってみると“慰謝料をもらってない”って気持ちなんでしょ」と推測した。その上で「元徴用工の人たちは知ってるんですかね、日本がお金を渡した。それを韓国政府が使ってしまったこと」と言い、「なかなか今の状態だと日本国民は納得しない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月6日のニュース