田代まさし容疑者逮捕のきっかけは塩釜市の宿泊施設から「客が変な物を忘れていった」と通報

[ 2019年11月6日 18:06 ]

宮城県警塩釜署に入る田代まさし容疑者(中央)
Photo By 共同

 宮城県警は6日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで元タレントの田代まさし(本名政)容疑者(63)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、8月23日に宮城県塩釜市の宿泊施設で、また11月6日に杉並区で、それぞれ覚醒剤を所持した疑い。

 塩釜署によると、田代容疑者が利用した塩釜市の宿泊施設から「客が変な物を忘れていった」と8月24日に通報があり発覚。塩釜市で所持していた案件で11月6日に逮捕する際にも、覚醒剤を所持していたため、現行犯逮捕した。

 田代容疑者は過去に覚せい剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月6日のニュース