田代まさし容疑者、逮捕前日に「ブラック・マーシー 刑務所はつらいョ」との動画をYouTubeに投稿

[ 2019年11月6日 17:35 ]

元タレントの田代まさし容疑者
Photo By スポニチ

 元タレントの田代まさし(本名政)容疑者(63)が宮城県塩釜市と東京都杉並区で覚せい剤を所持したとして、覚醒剤取締法違反の疑いで6日、宮城県警に逮捕された。田代容疑者はYouTubeに自身のチャンネルを開設し、前日5日は「ブラック・マーシー 刑務所はつらいョ よそ見編」との動画をアップしていた。

 6月に「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」と名付けたチャンネルを開いた田代容疑者。親交のあるロックバンド・COOLSの佐藤秀光(68)とトークを展開するスタイルで、登録者数は約5万人を超えていた。

 前日5日の動画は皮肉にも、刑務所の中での経験を語る内容だった。過去に覚せい剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けて服役している田代容疑者は、「罰則があるんですよ、よそ見しちゃいけないとか。作業中。僕は自衛隊の階級章みたいのを縫うことをしていたんですよ」、「警告3ねって懲罰房に入れられて、正座じゃなくていいんですけど、あぐらでずっと一日中いなきゃいけないんですよ」などと話していた。

 田代容疑者は、薬物更生施設「日本ダルク」に所属し、薬物依存の実態を伝えるセミナーなども開催していたが昨年、辞めていた。その模様を取り上げた8月放送のテレビ番組で、今でも薬物を使いたい欲求に駆られることがあるとした上で、「僕も完璧じゃないけど回復目指しています」と告白。今後の目標について、「前は目標を立てていたけど、届かなくて挫折して、打ち砕かれてもう1回(薬物に)手を出したから、もうそういうことは考えないようにした」とも語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月6日のニュース