「なつぞら」特番 未公開映像の注目は天陽くん&亜矢美!吉沢亮の名場面一部始終に山口智子のアドリブ

[ 2019年11月2日 09:00 ]

連続テレビ小説「なつぞら」の2時間特番「なつぞらSP 秋の大収穫祭」で未公開映像が披露される天陽(吉沢亮、左上・左下)と亜矢美(山口智子、右上・右下)(C)NHK
Photo By 提供写真

 今年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら」のスピンオフドラマ2本を含む2時間特番「なつぞらSP 秋の大収穫祭」が2日午後7時からBSプレミアムで放送される。反響の多かったシーンや未公開映像もオンエアされるが、その内容の一部が明らかになった。

 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めた節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けたオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描いた。

 注目は、俳優の吉沢亮(25)が好演し、インターネット上にロス現象を巻き起こした画家・山田天陽。なつが恋心を抱き、絵心を教えられるなど、なつの人生に多大な影響を与えた。

 第60話(6月8日)、上京したなつから手紙が届く。「今は毎日、仕上げの仕事、彩色に打ち込んでいます。それも、まだまだ未熟です。当分、北海道には帰れません。帰りません。じいちゃんや天陽君、家族や私を応援して見送ってくれたみんなに、送り出してよかったと胸を張って今の自分を感じてもらえるまでは。私はここでおいしい牛乳を搾れるように、自分を育てていきたいと思っています。十勝に帰りたい。みんなに会いたい。だけど今は、振り返りません。私はここで生きていきます」。手紙を読むなつの声をバックに、天陽は赤の絵の具をつけたハケで、ベニヤ板に描いたなつの絵を塗りつぶしていき、1人、涙。十勝に帰らないと決意したなつへの想いを断ち切った。

 オンエア上、一連のシーンは約1分45秒。実際は、それより長くカメラを回しており、今回は“フルバージョン”が放送される。吉沢が繊細な感情を表現した、その一部始終が見られる。

 その後、天陽はなつの絵を塗りつぶした上から自画像を描いた。これが第135話(9月4日)、天陽が36年の短い生涯に幕を閉じた後、なつが天陽の自画像と向き合い“心の対話”を繰り広げる重要なシーンにつながった。

 もう1つの注目は、女優の山口智子(55)が好演した伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」の元人気ダンサーで、おでん屋「風車」の女将・岸川亜矢美。亜矢美にとっては風車のカウンターもステージ。風車のシーンの際、山口は毎回、アドリブで歌や踊り。合同インタビューで「カウンターの中にいる時はもちろん、のれんをしまう時も、お店の前の道を掃除する時も、亜矢美さんはいつも歌と踊りと共に生きていて、それが活力になっている人。だから、おでん屋のシーンの時は必ず歌っていようと決めました。当時流行っていた曲の中から、曲のテーマと歌詞がそのシーンに合っているかを調べて、おでん屋のシーンの冒頭などに歌っていますが、だいたい8~9割カットされています(笑)。もしカット部分を続けて編集したら、その時代を表す歌番組ができるぐらい歌いまくっているので、亜矢美の歌唱シーンの総集編があるなら、ぜひ、私も見てみたいです(笑)」と語っていたが、そのカットされた部分が今回披露される。

 天陽と亜矢美の未公開映像はファン必見となりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月2日のニュース