たけし フジ「27時間テレビ」の冒頭で「急いで家帰らなきゃ」、ボケ連発に村上信五は「フォロー」を宣言

[ 2019年11月2日 19:08 ]

タレントのビートたけし
Photo By スポニチ

 タレント、ビートたけし(72)が総合司会を務めるフジテレビ系「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」が2日午後6時半にスタートした。3年ぶりに生放送スタイルが復活。来年の東京五輪を控え、改めてスポーツを様々な角度から楽しく見るという内容が設定された。

 オープニングは、たけしと番組のキャプテンを務める関ジャニ∞の村上信五(37)が将棋盤をはさみ、対面する場面からスタートした。たけしは駒を打ち、「リーチ!ロン!」などとボケると、村上がすかさずツッ込み。3年連続でタッグを組む2人ならではの、絶妙の掛け合いを披露した。

 27時間生放送のオファーを受けた理由について、たけしは「番組で初めての死者を出そうと思ってね。たけしは偉い、テレビで死んでいったって」とニヤリ。村上は「死なないようにフォローします」と固く誓った。

 また、たけしが早速、帰宅を宣言する場面も。フジの永島優美アナウンサー(27)がデータ放送のプレゼント企画を紹介すると、「何かくれんの、急いで家帰らなきゃ」とポツリ、スタジオの笑いを誘った。番組冒頭でボケを繰り返すたけしに、村上は「3回位打ち合わせしたんだけど、全部忘れている!」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月2日のニュース