今田耕司 吉本芸人の個人事務所設立は「会社から勧められる」 チュート徳井の申告漏れ問題で

[ 2019年11月2日 13:25 ]

今田耕司
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の今田耕司(53)が2日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)の約1億2000万円の申告漏れの問題で、芸人が個人事務所を設立する流れを明かした。

 「会社を作った時点で、我々の感覚だと税理士さんに任せるから、我々個人が話すことなんてないよ」と首をひねると、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(40)から「先輩芸人さんが『税務申告をしっかりやらないとダメだよ。お前ができないから』って俺の税理士送るからと、やらないといけない」と管理責任を指摘された今田。「もちろんです、それこそ、知らなかった。当然、誰か雇っているんだろうと、会社作っているんだから」と弁明した。

 かつてアローン会のメンバーで税金について会話したこともあったようで「岡村(隆史)は『お父さんが全部やってくれている』と。『ええ年して、お父さんにやってもらってるのか』って、言いながら話してるから。徳井はその時は何も話してない」と徳井は自身の話をしなかったという。

 「そもそも何のために会社を作ったのか?」との指摘には「会社から勧められるんですよ」と所属の吉本興業から個人事務所の設立を勧められたことを告白。「ある程度の稼ぎになると、あなたはそういうのを作って、吉本から振り込むからって」とその経緯を説明した。

 番組中、お笑い芸人「130R」のほんこん(56)や杉村らに徳井の行為の説明を受け、厳しく批判を受けた今田。「めちゃめちゃダメなやつだったんですね」としみじみ。この言葉にも、ほんこんは「ダメなやつで終わったらあかんねん」とピシャリ。今田も「おれ、あいつ治します。責任をもってこの男、ちゃんと納税の義務を果たすように生まれ変わらせます!」と徳井への“指導”を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月2日のニュース