石橋貴明 ウッズが、大谷が…目前で“消えた”「ツイてない時はこんなもんだよね」

[ 2019年11月2日 23:50 ]

「とんねるず」石橋貴明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(58)が1日、TBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)に出演。最近、運気が下降線をたどっていることを嘆いた。

 この日、同番組は録音放送。その際はゲストが登場するパターンが多いが、スタジオに入ってきたのはなんと「とんねるず」石橋。この事実を知らされていなかった日村勇紀(47)は「すっげー!こんなスゴい人!タカさん…」とあわてふためいていた。

 野球を始めとし、様々なスポーツを楽しんでいる石橋。トーク中、ゴルフのタイガー・ウッズが出場し優勝を飾った「ZOZOチャンピオンシップ」を観戦したことも明かした。

 「(ウッズは)違うよねモノが。9番ホールのバーディー見たんだけど、すっげえ右からスライスで乗せてきて、ワンパットで完璧に入れてたもんね」と熱く語る石橋。だが、大会は悪天候の影響で最終日が月曜日(28日)にずれ込む状況に。これが石橋にとって“悲劇”となってしまったという。

 石橋は「月曜日、本当は俺と(木梨)憲武は『スポーツ王(は誰だ)』でタイガーと(ゴルフを)やるはずだったんだけど、それ、なくなっちゃった」とガックリ。

 さらに石橋は、9月にエンゼルス・大谷の応援のため、はるばるアナハイムへ行った際のエピソードも語った。

 3連戦のチケットを取り、準備万端で思う存分メジャーリーグを堪能するつもりでいたという。到着前日(9月11日)に大谷は18号ホームランを放っており、期待感は高まるばかり。しかし「ロサンゼルスの空港に着いて、アナハイムに向かっている約1時間くらいなんだけど、その30分後くらいに『(大谷が)膝、手術するみたいです』みたいな…」と苦笑い。

 愛するスポーツがらみで不幸が連発。石橋は「ツイてない時はこんなもんだよね」とため息をついていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月2日のニュース