平祐奈、ホノルルでフルマラソン初挑戦!1月TBS特番、日比麻音子アナも初

[ 2019年11月2日 11:30 ]

女優の平祐奈(左)とTBS日比麻音子アナ(C)TBS
Photo By 提供写真

 女優の平祐奈(20)が12月8日開催の「JALホノルルマラソン2019」でフルマラソンに初挑戦することが2日、分かった。

 平は「20歳で人生初マラソンに挑戦させていただけることになり、今から楽しみな気持ちでいっぱいです!」と本番を待ちきれない様子。「本番に向けてしっかり自分の体と向き合いながら体力作りをして、ホノルルに飛びたいと思います。マラソン中は余裕がなくなってしまうかもしれませんが、ランナーのみなさんとホノルルの街並み、澄み切った空気を満喫しながら、ゴールを目指したいと思います!」と意気込んでいる。

 TBSは来年1月13日、大会に密着した番組を放送。元レスリング世界女王・吉田沙保里(37)が番組ナビゲーターを務める。平は先月発表したお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(47)の初挑戦に次ぐ芸能人ランナーとなる。

 また、朝の情報番組「あさチャン!」でスポーツコーナーを担当する日比麻音子アナ(26)も初マラソンに挑戦することが決定。「このたび、憧れのホノルルマラソンに初挑戦させていただくことになりました!『あさチャン!』を中心に取材する中で、アスリートの皆さんの真摯にスポーツに向き合うその姿、そのパワー、その想いにいつも勇気をもらっています。走ることはあまり得意ではない私ですが、日頃スポーツからもらっているエネルギーを初マラソンにぶつけたいと思います!そして、スポーツキャスターとして迎える来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、よりよい弾みとなるよう全力を尽くします!!」とコメントを寄せた。

 「ホノルルマラソン」は約3万人のランナーが参加する世界有数の市民マラソン。制限時間がなく、7歳以上なら誰でも参加可能。初心者からトップランナーまで誰もが楽しめる。ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなど、ホノルルの観光名所を巡るコースは「世界一美しい42・195キロ」と呼ばれる。完走率は99%以上で、特別な体験を味わえるマラソンとして世界中のランナーから愛されている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月2日のニュース