歌舞伎俳優の澤村大蔵さん死去 80歳 立役の大ベテラン

[ 2019年9月20日 13:06 ]

 歌舞伎俳優の澤村大蔵(さわむら・だいぞう、本名中村康則=なかむら・やすのり)さんが17日午後6時11分、敗血症・慢性閉鎖性肺疾患のため都内の病院で死去した。80歳。徳島県出身。松竹が20日に発表した。

 澤村さんは1938年生まれ。57年に関西歌舞伎で初舞台。72年11月に澤村田之助門下となり、澤村大蔵と改名した。2000年1月、新橋演舞場「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」の奴奈良平ほかで名題昇進した。

 立役の大ベテランで、古風で個性的な実力派として、どんな役でもさりげない存在感を見せた。68年3月国立劇場奨励賞ほか多数。99年第5回日本俳優協会賞。

 最後の舞台は、17年6月、歌舞伎座「名月八幡祭」家主だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月20日のニュース