「鬼の攪乱」吉右衛門復帰 飛び交うエール「播磨屋!」「おかえりなさい」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

 体調不良のため16日から東京・歌舞伎座の「秀山祭九月大歌舞伎」を休演していた中村吉右衛門(75)が19日、4日ぶりに舞台復帰した。

 昼の部「沼津」では、吉右衛門が花道から登場すると客席から「播磨屋!」「お帰りなさい」などの声が飛んだ。劇中の口上では「秀山祭でありながら、鬼の攪乱(かくらん)でございます。3日ほど休ませていただきました」と休演を謝罪し深々と頭を下げた。関係者によると、休演中は40度の高熱が出たこともあったが、自宅で療養していたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月20日のニュース