磯野貴理子に「行列」弁護士がエール「100点の離婚。次は120点の出会いを」

[ 2019年6月16日 22:06 ]

タレントの磯野貴理子
Photo By スポニチ

 5月に24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを発表したタレントの磯野貴理子(55)が16日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。北村晴男弁護士(63)と菊地幸夫弁護士(61)からエールを送られる場面があった。

 磯野は朝のレギュラー番組「はやく起きた朝は…」(フジテレビ)で離婚を報告。夫から「自分の子どもが欲しい」と切り出されたとし「自然なことだよ。分かったと別の道を歩むことになった」と説明。また「よく一緒にいてくれたなと思って。全然思えるよ。感謝しかないもん、私なんか」と夫への感謝の気持ちも口にしていた。

 この日の番組では“最強弁護士軍団”が磯野を応援。北村弁護士は「戦友として申し上げます。結婚されていた7年間、人生の中で貴重な7年間、幸せで本当に良かったと思います。その中で命を助けられたこともありましたよね。離婚理由についてですが、ご主人の思いを聞いて“それなら仕方ない”と素直に受け止めた貴理子さんに敬意を表します。再出発についてですが、怖がられなければ必ず素晴らしい出会いがあると思いますので応援しています」とエール。

 菊地弁護士も「我々は仕事柄、悲しい、ヒドい離婚をするご夫婦をたくさん見ています。その中で、貴理子さんが“彼には感謝しかありません”と。なんと綺麗な離婚なんだと思いました。離婚に点数をつけるなら、100点の離婚だと思います。次は120点の出会いがありますように、お祈り申し上げます」とメッセージ。磯野は2人に「ジーンときました。ありがとうございます」と笑顔で感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月16日のニュース