張本勲氏 大谷サイクル安打を称賛も“あっぱれ”なし その理由は…

[ 2019年6月16日 09:46 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(78)が16日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。13日のレイズ戦で日本選手初のサイクル安打を達成したエンゼルス・大谷翔平投手(24)に言及した。

 開口一番、「この選手は運が強いね」と称賛。続けて、「このサイクルヒットというのは、力があるだけじゃないからね。まず、ホームランが打てないといけないし、足が速くないといけない。三塁打が一番難しいから」と偉業について力説した。

 「それをね、やっちゃうんだから」と改めて大谷の能力を評価しつつも、“あっぱれ”はなし。「逆を言えば、アメリカのピッチャーは質が落ちたね。だらしがないね」と語った。

 その理由については、大谷の翌日にも同リーグのインディアンスからサイクル安打を達成した選手が出ているからだと説明し、「いくら打高投低と言ったってね、ピッチャーがだらいしない」とバッサリ。最後は、「ちなみに、私は(サイクル安打を)20歳でやってますからね」と締めくくった。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月16日のニュース