大谷亮平、「逃げ恥」以来3年ぶりTBS連ドラ出演 次期日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で熱血男

[ 2019年6月16日 06:00 ]

ラグビーチーム「アストロズ」の監督・柴門を演じる大谷亮平(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の大谷亮平(38)が7月スタートのTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(後9・00)で、16年10月期の「逃げるは恥だが役に立つ」以来3年ぶりのTBS連続ドラマに出演。主演の大泉洋(46)演じる中堅サラリーマン・君嶋とともに企業ラグビーチーム再建を担うパートナーを演じる。

 作家・池井戸潤氏(55)の同名小説が原作。左遷人事で工場に飛ばされ出世街道を断たれた大手自動車メーカーのサラリーマン・君嶋(大泉)が、成績不振のラグビー部のGMに就任。チームとともに再起の戦いに挑んでいく。

 大谷は君嶋が再建を任されたラグビー部「アストロズ」の監督・柴門琢磨役。とにかく勝利にこだわる情熱的な男で、大学ラグビー部の監督を務めた経験があり、アストロズの監督に招へいされていた。君嶋とは過去に因縁があるが、ともに「アストロズ」の再建を目指して奮闘していく。

 韓国で10年間以上もの俳優生活を送ってきた大谷は、池井戸作品の起用に「韓国で活動していた時も“池井戸先生の作品が凄い”と伝わってきていました。サラリーマンの友人からも“日曜劇場のドラマを見ると本当に月曜日の元気が違う!”と言われたこともあります」とコメント。「それくらい影響力があり、社会で戦っている人たちにダイレクトに届くメッセージ性の高い作品を数多く書かれている先生の原作なので、うれしいと同時に、責任感と熱量をもって挑まなければいけないと思っています」と意気込んだ。

 役柄については「僕が演じる柴門は、おそらく今回の出演者の中で“勝負”というものの難しさや厳しさを一番体感している人間だと思います。どうすればチームを勝たせることができるのかを常に考えている。柴門という男を想像したときに“心・技・体”という言葉がパッと浮かびました。“心・技・体”が妥協なく一定のレベルに達していなければ勝つことはできないと一番わかっている人物」と話し、「ただ、そういう気持ちを持っているからこそ、周りとぶつかってしまうのだと思います。経営的な視点でチームを見る君嶋とも衝突するでしょうし“勝つために”これだけを考えて進んでいくからこそ各所でバチバチと火花が散るかもしれません。でも、柴門を演じるからには僕自身も芯に熱い思いを持ってブレずにやっていこうと思います」と決意を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月16日のニュース