カンニング竹山 田口被告の土下座に「それはやり方が違うのよ」

[ 2019年6月8日 10:06 ]

お笑いタレントのカンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のカンニング竹山(48)が8日、自身のツイッターを更新。土下座について持論を展開した。

 7日午後、大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された「KAT―TUN」の元メンバー・田口淳之介被告(33)が勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された際、土下座で謝罪したことが話題となった。

 竹山は「ん?、ドラマじゃないんだから、それはやり方が違うのよ。芝居掛かっちゃ現実は逆効果になるのよ。きっと今までやってこなかったんだろうなぁ」とツイート。名前こそ出さなかったものの、田口被告のことを指していると思われ、「聞いてくれたら本気のやつ教えてあげたのに。俺、本気の土下座は慣れてっからさぁ」と続けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月8日のニュース