さんま 山ちゃん&蒼井優結婚で悔しくて眠れず…“先輩”としてアドバイスも

[ 2019年6月8日 22:59 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が8日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)で、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)の結婚を受けてコメントした。

 さんまは、山里から結婚相手が蒼井であることを伝えられたときに「顔がわかってるのに、わからなくなった」とパニックになったという。連絡を受けた後、悔しくて眠れなくなったと言い「おれは一体誰が好きなんや。そう思って、録画してあるドラマを見まくった」と悲しい一夜を過ごしたことを吐露した。

 さんまは、「いやーでも、ほんまにびっくりしたわ。めでたいことや。優ちゃんなんか思いもせんかったわ」と言い、「おれで例えるとキャメロン・ディアスとつきあうくらいやで。ほんまにそれぐらい信じられなかった」と祝福の言葉を送った。

 お笑いタレントの村上ショージ(64)が「人気アイドルやタレントと結婚する吉本の芸人はいたが、“大女優”と結ばれたのはさんまさん以来30年ぶりではないですか」と指摘。山里のことを「第2のさんまさん」と称した。

 それを受けてさんまは「そうか、女優というとそうなるかもな」とし、続けて「…じゃあ山ちゃんは幸せではないな。かわいそう」と自虐ネタをまじえてジョーク。

 自身が、女優の大竹しのぶ(61)と結婚していたことに触れ「おれは、大竹さんが女優を辞めるという条件で結婚したもん」と振り返った。「おれも、女優さんと結婚するという意識でおったらもっとうまくやれたんやけどな」と語った。

 また、「会見を見る限り多分山ちゃんは、優ちゃんを女優さんじゃなくて人間としての“優ちゃん”と思って結婚したんやろな。せやから、そのことを意識してあげて」と同じ境遇としてのアドバイスを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月8日のニュース