神田うの 弟の「ハマカーン」伸一郎とそろって救急搬送された過去

[ 2019年4月26日 16:42 ]

神田うの
Photo By スポニチ

 タレントの神田うの(44)と、弟でお笑いコンビ「ハマカーン」の神田伸一郎(42)が26日、テレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)にそろって出演した。

 うのは一昨年、椎間板ヘルニアになり緊急入院したことを明らかに。「突然腰が痛くなって、痛い、痛いと大騒ぎになって救急車で病院へ。そしたら私があまりにも騒ぐので救急隊員の人が陣痛と間違えて産科へ連れて行ってしまったんです」と大笑い。手術後、1カ月半の入院生活を余儀なくされたといい、その後、妊娠したものの流産してしまったことも告白した。
 
 伸一郎もその3カ月後、同じく椎間板ヘルニアで救急車で病院に運ばれたことを明かすと、司会の黒柳徹子(85)は「まあ、なんて仲の良い姉弟なんでしょう」と驚いていた。
 
 また、以前は「神田うのの弟」と言われるのが嫌で、うのと距離を置いていたという伸一郎。だが、今では「お姉ちゃんがいてくれて心強いです。お姉ちゃんとセットでテレビにも出れますし…」と“姉弟愛”をアピールしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月26日のニュース