生田絵梨花 菊田一夫演劇賞受賞も“罰ゲーム”はOK!「地に足をつけて」

[ 2019年4月26日 14:00 ]

「第44回菊田一夫演劇賞」授賞式に出席した演劇賞受賞の乃木坂46・生田絵梨花
Photo By スポニチ

 乃木坂46の生田絵梨花(22)が大衆演劇の舞台で優れた業績を残した芸術家を表彰する「第44回菊田一夫演劇賞」で演劇賞を受賞し、26日に都内で行われた授賞式に出席した。

 ミュージカル「モーツァルト」でのコンスタンツェ役、ミュージカル「ナターチャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」でのナターシャ役の演技が評価されての受賞。生田は「まさかこんなに大きな賞をいただけるとは予想もしていなくて、報告を聞いたときは本当に驚きましたし、今もここに立っているようで、立っていないような、でも立っている…夢の中にいるような気持ちでいます」と思いを吐露した。

 最初は「どうしよう」「いやいやいや」「恐ろしい」などと複雑な思いだったというが「ここまで来る間に、たくさんの方の笑顔を見てだんだんと嬉しさとか感謝がこみ上げてきました」と見渡した。「きっとこのタイミングで、偉大な先人からの贈り物をいただいたことは大きな意味があると思っています。今の功績というよりは、新しい時代向けて頑張ってくれよ!っていう、エールなんではないかなと思います。これからも勇気を持って、諦めずに、末永く精進していきたい」とあいさつした。

 幼少期に見た「アニー」に感銘を受け、ミュージカル女優を目指した生田。「思いをぶらさずにやってきて良かった。末永くステージに立っていたい」と充実感をのぞかせ「(受賞を伝えたいのは)家族が一番。舞台が好きになるきっかけをくれたのも家族ですし、ずっとやりたいことを応援し続けてくれた。伝えたら凄く喜んでくれました」と笑顔をはじけさせた。

 乃木坂メンバーからも祝福を受けたといい「凄くおめでとうって言ってくれたり、マネジャーさんも『遠くに行っちゃうみたいだから、また何か罰ゲームとか、辛いものでリアクションしたりとかしなきゃね!』って言っていて、いつまでも身近な存在でいなきゃなって。私も大した人間だと思っていないので、地に足をつけて進んでいきたい」と話した。

 この日は「モーツァルト」で共演した古川雄大(31)も同賞を受賞。古川とはミュージカルで3度、相手役を演じている間柄。生田は「(同時の受賞を)凄く嬉しかった。今日も緊張していたので、共有できて、心強かったです」。古川も「緊張してました。生ちゃんが緊張している、と、びっくりしてました」と笑った。

 演劇大賞は大竹しのぶ(61)、演劇賞は、生田、古川のほか、橋爪功(77)、若村麻由美(52)が受賞。特別賞は高田次郎(87)に贈られた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月26日のニュース