“伯方の塩”Jr.新浜レオン 令和1号デビュー 「ビーイング」初の演歌歌謡曲系新人

[ 2019年4月26日 06:00 ]

デビューへの意気込みを笑顔で語る新浜レオン
Photo By 提供写真

 新元号が始まる5月1日に“令和第1号”の新人歌手がデビューする。

 B’z、ZARD、大黒摩季(49)、倉木麻衣(36)らが所属する音楽制作会社「ビーイング」が初めて手掛ける演歌歌謡曲系の新人、新浜レオン(22)。♪は・か・た・の塩!――のフレーズで有名な「伯方の塩」のCM曲で知られる演歌歌手・高城靖雄(60)の長男。父親譲りの明るく爽やかで張りのある歌声が魅力だ。

 デビュー曲「離さない 離さない」はビーイングならではの華やかで洗練されたサウンドに、若さあふれる爽やかな歌声がマッチした“令和時代の歌謡曲”。演歌歌謡曲の専門レーベル「海峡レコード」を立ち上げるなど新浜への期待の大きさがうかがえる。

 千葉県白井市出身。身長1メートル80で、地元・千葉英和高校時代は野球部の捕手で千葉県大会でベスト4までいったスポーツマン。同級生の投手、重田倫明(22)も育成枠で福岡ソフトバンクに昨年末に入団し、甲子園を目指したバッテリーが“令和元年”にともに飛び立つ。

 これに先駆け、今月29日には、生まれた時から毎年必ず初詣に訪れている地元・成田山新勝寺の総門前でデビューイベントを開催。歌舞伎の大名跡、市川團十郎が初代から「成田屋」と名乗るほど縁の深い新勝寺で新人歌手のイベントが開かれるのは異例のこと。デビュー日も大安で、御利益ある“開運ボイス”として話題となりそう。好きな歌手は山本譲二(69)で「甲子園でも活躍された憧れの人。僕もいつか“ふんどし姿”で歌ってみたい」と、古き良き演歌歌謡曲の魂を令和へ歌い継ぐ覚悟だ。

 ◆新浜 レオン(にいはま・れおん)1996年(平8)5月11日生まれ、千葉県出身の22歳。幼い頃から歌い込んだ演歌歌謡曲の数々を吹き込んだデモテープを持参したのがデビューのきっかけ。大学時代「ミスター大東文化」に選ばれたことも。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月26日のニュース