自覚なかった…超ポジティブ思考のアインシュタイン稲田にさんま驚き「鈍感やなー」

[ 2019年4月26日 15:50 ]

MBSテレビ「痛快!明石家電視台」に出演のアインシュタイン・稲田直樹(左)と河井ゆずる
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)の29日放送は新企画「チケットが取れない!?〇〇さんトークショー」がテーマ。公演すればなかなかチケットが取れない人気者「アインシュタイン」稲田直樹(34)、河井ゆずる(38)、超絶マジック、ブレインダイブの新子景視(32)、プロコスプレーヤー・えなこ(25)が登場する。

 「よしもと男前&ブサイクランキング」ブサイク部門を3連覇した稲田が相方・河井ゆずると登場。「“鈍感力”で人生ハッピーに」をテーマに、自分が鈍感だったおかげでいかに幸せに生きてきたかを熱く語る。急角度にしゃくれたアゴがトレードマークの稲田だが、本人は「ブサイクの自覚が全くなかった」そうだ。小学生から高校時代の写真も披露。「L’Arc~en~Ciel」のhyde(50)に憧れていた話に、MCの明石家さんま(63)も思わず「鈍感やなー」。また、最近やり始めたインスタでは、イケメンさながらの写真をUPして、客席から悲鳴があがる。それでも稲田本人は意に介さずの鈍感ぶり。さらに、さんまから「キスしたことあるの?」と聞かれ、キス話も披露。超ポジティブ思考の稲田に客席がハッピーになるのか…。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月26日のニュース