キャプ翼作者・高橋陽一氏 リアル「南葛SC」の奮闘願う「上目指して」

[ 2018年12月28日 05:30 ]

タカラトミー「キャプテン翼フットボールカードゲーム」発売イベントに出席した漫画家の高橋陽一氏
Photo By スポニチ

 人気サッカー漫画、アニメ「キャプテン翼」がカードゲームとなり、作者の高橋陽一氏(58)が27日、東京都葛飾区のタカラトミー本社で発売イベントに出席した。「(主人公の)翼くんたちがいろんなところで活躍してくれるのは“親”としてうれしい」と笑顔で話した。

 高橋氏は同区出身。地元愛が強く、キャプテン翼の舞台“南葛市”を自身の母校・南葛飾高校から命名している。Jリーグ昇格を目指す地元チーム「南葛SC」の後援会会長を務めており「キャプ翼ファンの選手が集まってくれればいいですね。監督(元日本代表MF福西崇史氏)のもと、上を目指せるチームになってほしい」と期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月28日のニュース