滝沢秀明、ジャニーズ入り前の極貧生活告白 両親離婚で生活一変「消しゴムも買えなかった」

[ 2018年12月28日 21:59 ]

滝沢秀明
Photo By スポニチ

 年内での引退を発表している滝沢秀明(36)が28日、TBS系「中居正広のキンスマスペシャル」(後9・00)に出演。ジャニーズ事務所入所前の壮絶な過去を明かした。

 3人きょうだいの末っ子として生まれた滝沢だが、幼稚園の頃に両親が離婚したことで生活が一変。服を買うお金もなく、真冬でもタンクトップに短パンで登校。当時はバブル全盛期だったにも関わらず「鉛筆や消しゴムも買えなかった」と極貧生活を送っていたことを明かした。

 朝から晩までパートに出かける母のため、中学生で「僕がお母さんを助けなければ」と決意。当時、姉が夢中になっていたKinKi Kidsの映像を見て「とにかく何かやらなきゃいけないな」とジャニーズ事務所のオーディションを受けたという。

 そのオーディションで、ジャニー喜多川社長と初対面。「ボロボロの洋服を着ていて警備員かと思った。(ジャニーズについて)詳しくなかったので、凄い人なんだろうなとしか思わなかった」とジャニー氏との運命の出会いを回想していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月28日のニュース