畑中葉子、ビートきよし事務所入り 元オフィス北野スタッフが立ち上げ

[ 2018年12月28日 05:45 ]

ビートきよしの事務所に所属することになった畑中葉子  
Photo By 提供写真

 故平尾昌晃さん(享年79)とデュエットした「カナダからの手紙」や伝説のセクシーソング「後から前から」のヒットで知られる歌手畑中葉子(59)がビートきよし(68)が所属する芸能事務所「ラフィーネプロモーション」入りすることが27日、分かった。

 元オフィス北野のスタッフらが立ち上げた事務所。きよしのほかに若手芸人が所属し、元ラグビー日本代表の松尾雄治氏(64)、元競輪選手の後閑信一氏(48)らと業務提携している。畑中は来年1月1日から所属する。「来年はソロデビュー40周年。前へ前へとがむしゃらに進み、その後は私の歌を聴きたいという方々に向けて歌っていきたい」と抱負を語っている。

 俳優新田純一(55)も所属する予定という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年12月28日のニュース