TBS「水ダウ」クロちゃん“収監”公開企画 深夜混乱で中止

[ 2018年12月28日 05:30 ]

「安田大サーカス」のクロちゃん
Photo By スポニチ

 TBSの番組「水曜日のダウンタウン」が東京都練馬区の遊園地としまえんで26日夜から実施した企画に多数の若者らが集まり、周辺の道路が渋滞するなど110番が相次ぐ騒動になっていたことが27日、警視庁練馬署への取材で分かった。お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(42)をおりのようなセットに入れて公開する企画で、中止となった。TBS側は「混乱を招いた」と謝罪した。

 番組は人気恋愛企画「MONSTER HOUSE」の罰ゲームとして、クロちゃんをおりのようなセットに入れ、一般公開するという内容だった。26日夜の放送で夜間も無料で公開することを明かし、番組や番組ツイッターなどで「皆さんお越しください」と視聴者に来場を呼びかけていた。

 練馬署によると、27日午前0時20分ごろから110番が相次ぎ、警察官を出動させた。としまえんに多くの若者が集まっており、周辺の渋滞も緩和されなかったため、危険だと判断してTBS側に企画を中止するよう申し入れたという。

 としまえんによると、このイベント時間帯は番組に場所を貸し出した形で、入場は無料。駅からすぐの正門は閉鎖していたが、東ゲートを午前0時20分に開放。20分後の同40分には自転車や車で人が集まり、ゲート付近や駐車場・駐輪場、クロちゃんのおりの前までのルートがごった返した。集まった人数は把握できていないが「数百人はいたのでは」と話す目撃者も。インターネット上では、園内の柵が壊れている画像なども載っているが、としまえんでは「その柵は秋の台風で壊れたもので、今回、ケガ人やどこかが壊れたということは今のところありません」としている。

 TBSは「予想を超える多くの方々が集まり、混乱を招いたためイベントを急きょ中止しました。ご迷惑をおかけした皆さまに深くおわび申し上げます」としている。

 警察からは午前1時前ごろに「このままでは収拾がつかないからやめるように」と中止勧告を受けた。TBSは「勧告後、関係者が聴取を受けたなどの事実はありません」と説明。また、今後の番組に関しても「今回のことは今のところ影響していません」と現時点での打ち切りなどはないとした。

 《本人はどこ吹く風》クロちゃんはこの日、自身のツイッターを更新したが、TBSが謝罪コメントを発表する中、正午すぎには「おはおはシャンシャン、シンシシシーーーン♪」と無関係のコメントを書き込み、パンダ姿に画像を加工した自撮り写真を掲載。さらに「12月26日のウォーキングは、3万5千歩。色々歩いたしんねー。歩かされたしんねー」と自身が歩いた歩数などが記されたアプリの画面などをアップした。番組の騒動など、どこ吹く風のマイペースぶりに「大事件のあとでもなかったことのようにツイートするメンタル」「反省しろ」など賛否のコメントが寄せられた。

 ▽「MONSTER HOUSE」 「水曜日のダウンタウン」(TBS、水曜後10・00)で放送されてきた人気企画。クロちゃんを含む男女6人が共同生活し、リアルな恋愛模様を放送するもの。26日は最終回とし、使い回しの指輪を女性に渡そうとするなど、クロちゃんの行動を視聴者から「許す」「許さない」で投票を生放送で受け付け。「許さない」の割合で監禁時間が決められることになり「許さない」が95%で、22時間47分45秒間おりに入れられる判定が下っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月28日のニュース