SKE48一色嶺奈が活動辞退、卒業発表「なんの恩返しもできず、ごめんなさい」

[ 2018年12月28日 21:16 ]

卒業を発表したSKE48チームSの一色嶺奈(C)AKS
Photo By 提供写真

 SKE48チームSの一色嶺奈(16)が28日、グループ卒業を発表した。公式サイトでは一色本人から活動辞退の申し出があったとし、同日をもって卒業となった。

 サイトにはコメントを掲載。「発表の通り、私はSKE48を卒業させて頂くことになりました。心配させてしまった皆様、戻って来るのを待ってくれた皆様このような形での発表になってしまい申し訳ありません」と記した。

 「今年の総選挙では第56位という順位で初ランクインをさせて頂きました。1番の夢が叶ってあのステージでスピーチが出来てとても嬉しかったです。皆様には本当に本当に感謝していますし、その分本当に申し訳ないです。なんの恩返しもできず、公約も果たせないまま卒業になってしまって本当にごめんなさい」と謝罪した。

 卒業を決断した理由について、期待に応えようと懸命になったあまりに自分自身を追い込んでしまったといい、「精神的にも追い込まれ、そのあたりから活動を楽しみながらステージや握手会、イベントに参加することが減っていきました。私が勝手に追い込まれていっただけなのでそれが卒業の理由の一つに入っているのも申し訳ありませんが、こういう状況になる事がある時点で、私にはこの業界には向いてないなと思ってました」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年12月28日のニュース