水谷千重子 明治座で初座長公演「夢だった」来年2・22初日

[ 2018年8月24日 05:30 ]

東京・明治座で来年開催する自身初の座長公演の製作発表会見を行った水谷千重子
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの友近(45)にうり二つの自称大物演歌歌手・水谷千重子が来年2月22日から3月4日まで東京・日本橋浜町の明治座で自身初の座長公演を開催することになり23日、同所で製作発表が行われた。

 「いつかここに“水谷千重子”というのぼりがなびくことが夢だった」と笑顔。公演は芝居と歌謡ショーの2部構成で、芝居の題名は「とんち尼将軍 一休ねえさん」になると発表。「昼は尼さん、夜は花魁(おいらん)という役を演じます」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月24日のニュース