おぎやはぎ・小木 金足農が目立つ現状も優勝の大阪桐蔭に「記事にならない方がカッコいい」

[ 2018年8月24日 17:26 ]

お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(左)と矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビの「おぎやはぎ」が23日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(深夜25・00)に出演。大阪桐蔭が夏の高校野球で優勝したものの、準優勝の金足農・吉田の話題が目立つことに言及した。

 金足農は決勝戦で敗退したにものの、エース・吉田の力投が感動を呼んだこともあり、報道されるのが“金足農ばかり”という現状に触れ、小木博明(47)は「にゃんこスター現象」と表現した。これはM―1やキングオブコントなどで“優勝者よりも2位のほうが目立ってしまった状況”を指すもの。

 ただ、2人は“優勝は実力のある者が取る”とし、圧倒的な優勝候補と言われていた中、史上初の2度の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭は、まさに優勝にふさわしいチームと称賛。矢作兼(46)は「『大阪桐蔭、かわいそうだ』っていうけど、かわいそうじゃないよ。だって優勝してるんだから」と改めて勝者を称え、小木も「それで記事にならない方がカッコいいじゃん」と、下克上を許さずしっかり勝ち切った大阪桐蔭に賛辞を贈った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月24日のニュース