船越英一郎、菅井さんは「日本の原風景のおばあちゃん」

[ 2018年8月24日 12:21 ]

船越英一郎
Photo By スポニチ

 俳優・船越英一郎(58)が24日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)の生放送に出演。テレビや映画で名脇役として活躍し、10日に心不全のため亡くなった女優の菅井きんさん(享年92)について「日本の原風景のおばあちゃん」と語り偲んだ。

 菅井さんが08年に初主演した映画「ぼくのおばあちゃん」などで共演した船越は同作の製作発表時に会ったのが最後だと言い「俳優って偲んでいただくんだったら絶対に作品を見ていただきたいっていうふうな思いが当然、僕らにはあるんですよね。だからぜひ、“ぼくのおばあちゃん”っていうのは本当に菅井さんの集大成みたいな作品になっていますし、菅井さんの魅力だけでつくられた映画なので、ぜひ皆さんに見ていただきたいと思います」と話した。

 また、菅井さんの人柄に触れ「目をつぶるだけで、お姿とかお芝居とか次から次に浮かんできてポッと胸が温かくなるみたいな、きっと日本の原風景のおばあちゃんでありお母さんであり、そういう女優さんは今後果たして出るんだろうかっていうぐらい日本映画界、またはドラマ界への功績は偉大なもの」と偲んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月24日のニュース