西銘駿 初主演舞台に自信「千秋楽まで不安なく突っ走れる」

[ 2018年2月3日 05:30 ]

初主演舞台「おおきく振りかぶって」の初日公演前に意気込みを語る西銘駿(中央)。左はヒロインを演じる久住小春
Photo By スポニチ

 俳優・西銘駿(19)の初主演舞台「おおきく振りかぶって」が2日、東京・池袋のサンシャイン劇場で開幕し、公演前に意気込みを語った。

 初めて座長を務め「最初は緊張と不安があったけど、今は千秋楽まで不安なく突っ走れる」と自信。人気漫画が原作で、高校野球部の挑戦を描く。野球部の女性監督を演じる久住小春(25)は「男勝りな役はやったことがなくて、稽古でも怒られて悩んだ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年2月3日のニュース