石原慎太郎氏 驚きの朝食ルール 次男・良純明かす「3種類用意させて」

[ 2018年2月3日 11:45 ]

俳優でタレントの石原良純
Photo By スポニチ

 俳優でタレントの石原良純(56)が1日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。元東京都知事で父の石原慎太郎氏(85)の朝食にまつわる石原家の特別ルールを明かし、共演者を驚かせた。

 番組では「石原家は父・慎太郎のために朝食は毎日必ず3種類用意する」と紹介。良純によると、慎太郎氏は起床時に必ず体重計に乗り、その日の数字によってメニューを決めていたという。「(体重が軽かった場合)きょうはたくさん食べられるから和食とか、食べられなければトーストだけにしようとか。だから、ごはん、パン、うどんを用意させていた。そういう時代。今ではありえない」と話した。

 また自身が子供だったころ夕食が「2部制だった」とも。最初に母、祖母、良純ら兄弟で済ませ、そのあとに慎太郎氏が一人で食べていたという。当時、一緒に食べない理由を尋ねたところ、慎太郎氏の答えは「子供と食べると食べた気がしない。うるさいから」だったとか。良純は「ラッキーはラッキー。一緒に食べてもしんどいから」と話して笑いをとっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年2月3日のニュース